惨劇を
画面越しに見ることしかできなくて

攻撃音も
悲痛な叫びも
スピーカー越しに聞くことしかできなくて

恐怖心を
迫り来る死を
どれだけ想像したとしても
それは
同じ体験を分かち合ったことにならない

一番助けてほしいときに
助けられずに

一番そばにいてほしいときに
そばにいられずに

「助けてくれ」
という声が
心の中で
行き場を失う

目の前で消えゆく声で
「一緒にいる」
と答えても
届かない

それでも
「一緒にいる」
と言わせてください

関連記事

  1. [日記]きっかけはいろいろ

  2. [日記]おせち料理

  3. 「日記」物理の先生から

  4. [日記]思い出すこと②

  5. [きまぐれ料理]役割分担

  6. [日記]踏みとどまること

  7. [きまぐれ料理]節分

  8. [イベント準備]フライヤーを作ってみました

PAGE TOP
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。