[日記]昔の私へ

今日GReeeeNのアルバムが届きました。

自分の中で特別なアーティストです。

1人もがき悩んでいた時に、半歩先を歩くような言葉を届けてくれて、それだけを楽しみに生きてきた数年間があったからです。

人を信用できなかったり、人に頼ることが怖くて、溜まっていくばかりの苦しい気持ちを、GReeeeNの歌を聴いている時だけは、涙になって吐き出すことができました。

この前のラジオで今苦しんでいる人へのメッセージを聞かれたとき、

自分の好きを少しの時間だけでも大切にしてほしいといったような気がします。

私は自分の心が蓋をしていたこともあって、当時、話せるひとがいませんでした。本当はひとに聞いてもらったり、助けてと言えたらラクになるだろうと思うのですが、あの時、GReeeeNの4分間の音楽を聴くことが、もう少しもう少しだけ頑張ろうと思える時間で、大切な時間でした。

今、「ひとり」だと感じていたとしても、「一人」になったとしても、自分の好きなもの・好きなこと・大切にしていることで「独り」になることから守られますように。

やっぱりこう書いていると、えらそうだなと思ってしまうので、昔の私へ。

関連記事

  1. [日記]音楽の日

  2. [きまぐれ料理]どっちでもいいよ

  3. [日記]「秋の遠足〜先生たちの聞こえる音〜」

  4. [日記]明日の準備

  5. 「日記」忘れない

  6. [日記]NHK大津さんへ

  7. [きまぐれ料理]突然のメンマ作りと何百回目かのこの世の終わり

PAGE TOP
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。