「日記」お便り

今日友だちからハガキが届いた。

LINEもできるのに、気が向いた時にハガキを書いて連絡を取り合う仲。

ふらっと海外に出かける彼女から、ハガキが届く。

「本初子午線で年を超えたぜ〜!」とロンドンから。

「フォーと春巻きしかまだ食べていない」とベトナムから。

「氷河の上に立ったよ!」とアイスランドから。

「これからスロベニアから、クロアチアに向かいます!」と国境を渡る合間に。

ハガキ全面から「楽しいぜ!」と興奮冷めやらぬ様子が伝わってくる。

高校の時から、喜怒哀楽を全身で表現せずにはいられない彼女。

文字を読んだだけなのに、目の前で話を聞いているようだ。

体験した感動をありったけ書こうとして、ハガキの最後のほうは、文字がおしくらまんじゅう。

走る文字も、きっと頭の中で再体験しているんだろうなぁ。

コロナになってから海外から届くことはなくなったけど、気が向いたらお互いに書くのは変わらない。

二人に共通している「めんどくさがり」がやりとりを超スローにしているのは言うまでもない。

美術館や旅行に出かけて買ったポストカードが、引き出しに溜まる一方なのは、お互い様かもしれない。

引き出しを開けるたびに、「忘れてたわけじゃないけど、明日にしよう」と先延ばしにしてしまうんだよね。

それでも今日、「○○ちゃんから来てるよ〜。」とハガキが届いていると聞いて嬉しかった。

ブログを楽しみに読んでくれていることも嬉しかった。

きっと今、同じように心が痛くなって、怖くなっているけど、
「自分を持って、前向きにできることを」
と彼女自身にも言い聞かせるような励ましのメッセージもらったこと、嬉しかった。

関連記事

  1. 楽しそうな声

  2. [日記]再び二上山

  3. 「日記」銀杏デビュー

  4. [日記]思わぬバレンタイン

  5. [日記]運動記録

  6. [日記]沖縄の歌

  7. [日記]乃村工藝社さんへ

  8. 「日記」花より数字

PAGE TOP
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。